お父さんとお母さんと夏 ~蚊取り線香の先っちょが赤く光ってる~

テーブルの上の団扇

昔の夏は暑かったのです。クーラーもそんなに普及していませんでした。でも、そのぶん夏が「夏らしかった」ような気がします。思い起こせばスイカに蚊帳に水遊び、ラムネ、夕立、夏の夜…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

大昔は「8月上旬は30度を超える」のが夏だったのだ 朝晩は涼しかった

8月の下旬にはもう夕方の風が寂しくて秋の気配だった

ドロドロになって遊びから帰ってくるとまず玄関入ったとこで台所のお母さんから叫ばれる

ハイハイしてお風呂場行きなさーい!

全部脱いでお風呂入ってる間に着替え(薄い綿の簡単ワンピとパンツ、以上)出してもらう

出るとテレビをお父さんが見てる。枝豆と汗かいた瓶ビールと首振ってる扇風機

食後にチューチューアイスを兄弟で半分こ

8時だョ!全員集合派だった

蚊帳を8畳間にお父さんが吊って、マンガ本を抱えて入る

さっと入らないと蚊が入るので忍者のように

読み終わっちゃって次のを取ってきたいけどもう眠い

電気消すと網戸の外がほんのり明るい夏の夜で、蚊取り線香の先っちょが赤く光ってる

のそっとお父さんが入ってきて兄弟の向こう側に寝る 手を振ると振り返す

だいぶ経って扇風機が止められてお母さんが自分の隣に入ってくる

うちわを持ってて扇いでくれる

お母さんの方が寝つきがよくてうちわがコトと落ちる

お父さんが起き上がってうちわを取って、扇いでくれる

それが止まるのを起きて見られたことは一度もなかった

お父さんお母さんがいた頃の夏

兄弟とこの手の思い出話をしたことはまだない 泣いちゃうから

じいちゃんとばあちゃんになったら冷たい麦茶飲みながら話してみたい 夏は楽しかったね

親父の視界 ~ただ実家を継いで医者になるのに抵抗があった~
「親の言うとおりに生きたくない」という気持ちは、男なら誰もがもっているものかもしれません。けれど大事なことは「誰が言った...
義父が勇者になった日 ~コタツで肩までもぐってウトウトしてたら~
彼がコタツでウトウトしていると、義父が義母にとんでもないことを言い始めます。どうやら彼が居ることに気付かず二人っきりだと...
【動画】知っていますか? 大和民族の真の姿を(第二次世界大戦と東日本大震災)
これらを視聴した方が、どのように感じられるかは分かりませんが、私個人としては、「日本人はもっと自信をもってよいはずだ」と...
命賭けのアナウンス ~「津波が襲来しています! 高台へ避難して…」~
東日本大震災発生の際、命を賭けて避難を呼びかけた危機管理課の職員の方々がおられました。震災後に判明したその尊い行いと、実...
ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~
お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮...