駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~

駄菓子屋の店先

近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日、そのお婆ちゃんに困った事件が起きたのですが…

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

近所に昔からある古い駄菓子屋がある

経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった)

いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで

お金が無い子にはコッソリ駄菓子をあげていた(漏れも昔もらった)

そんな感じで近所の評判がとてもよかった

ある日、お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた

なんでも亡くなったお爺ちゃんに少し借金があったらしく、コツコツ払い続けて

完済したはずなのに更に80万請求され、払わなかったら立ち退いてもらうと脅されたらしい

お婆ちゃんのピンチにまわりが黙ってられるはずもなく、3丁目の人々が一致団結

集会を開くまでに至り、893が来たときに駄菓子屋の前に整列、そして猛抗議

漏れは学生だったので様子を見守ってたが、

あれは圧巻だった、30人ほどが声張り上げてるんだもの

893もはじめはなんか言ってたが、すぐに戦意喪失、スゴスゴと引き上げてった

お婆ちゃんは泣きながら、ありがとう、ありがとうとずっと言っていた

そんなお婆ちゃんは今日もお店でニコニコしている、長生きしてもらいたい

アルコールのニオイがする日記 ~もう怖くない・・・愛してます~
幼馴染の彼女は病気と戦っていました。彼女の入院費を稼ぐために働く両親の代わりに、彼は必死で彼女を支え、彼女の孤独な病院生...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...
思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~
お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のG...
赤と水色のおもちゃの指輪 ~もう私頑張れないかも。もう、駄目~
中々子供に恵まれないその夫婦は、三度目の流産を告げられた後、病院の待合室で悲しみに暮れていました。その時です、「もう死に...
エメラルドグリーンの空 ~私はN先生が大嫌いだった。~
小学校時代、少し知恵遅れのA君という子がいました。授業中、担任のN先生は解けないと分かっている問題をしつこくA君に解かせ...