駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~

駄菓子屋の店先

近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日、そのお婆ちゃんに困った事件が起きたのですが…

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

近所に昔からある古い駄菓子屋がある

経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった)

いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで

お金が無い子にはコッソリ駄菓子をあげていた(漏れも昔もらった)

そんな感じで近所の評判がとてもよかった

ある日、お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた

なんでも亡くなったお爺ちゃんに少し借金があったらしく、コツコツ払い続けて

完済したはずなのに更に80万請求され、払わなかったら立ち退いてもらうと脅されたらしい

お婆ちゃんのピンチにまわりが黙ってられるはずもなく、3丁目の人々が一致団結

集会を開くまでに至り、893が来たときに駄菓子屋の前に整列、そして猛抗議

漏れは学生だったので様子を見守ってたが、

あれは圧巻だった、30人ほどが声張り上げてるんだもの

893もはじめはなんか言ってたが、すぐに戦意喪失、スゴスゴと引き上げてった

お婆ちゃんは泣きながら、ありがとう、ありがとうとずっと言っていた

そんなお婆ちゃんは今日もお店でニコニコしている、長生きしてもらいたい

ゴミ箱の日記帳 ~2年付き合った彼に振られました。~
2年付き合った彼の口から出た別れの言葉。それはとても優しい彼が言ったとは思えないほどひどい言葉でした。けれどそのひどい言...
見映えの悪いお弁当 ~今日の弁当美味しかった? としつこく尋ねて~
お母さんが作るお弁当は、なぜかとても見映えが悪く友達に見られるのが恥ずかしいと思っていました。時が過ぎたある日、ふとした...
笑顔の似合う娘 ~涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けない…~
娘さんが嫁に行きました。「目に入れても痛くない」と断言できるほど愛おしい娘さんでした。お父さんはその時、一体どんな気持ち...
お母さんはお婆ちゃん ~前方から聞こえてきた漫画みたいな会話~
保健センターに通っているお母さんが、男の子二人を連れたお婆さんから里親会の会場の場所をを尋ねられ、その後、お母さんはお婆...
天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~
彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人...