駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~

駄菓子屋の店先

近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日、そのお婆ちゃんに困った事件が起きたのですが…

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

近所に昔からある古い駄菓子屋がある

経営してるのは、お婆ちゃん一人だけ(お爺ちゃんは5年ほど前に病気で亡くなってしまった)

いつもニコニコしていて、とても優しいお婆ちゃんで

お金が無い子にはコッソリ駄菓子をあげていた(漏れも昔もらった)

そんな感じで近所の評判がとてもよかった

ある日、お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた

なんでも亡くなったお爺ちゃんに少し借金があったらしく、コツコツ払い続けて

完済したはずなのに更に80万請求され、払わなかったら立ち退いてもらうと脅されたらしい

お婆ちゃんのピンチにまわりが黙ってられるはずもなく、3丁目の人々が一致団結

集会を開くまでに至り、893が来たときに駄菓子屋の前に整列、そして猛抗議

漏れは学生だったので様子を見守ってたが、

あれは圧巻だった、30人ほどが声張り上げてるんだもの

893もはじめはなんか言ってたが、すぐに戦意喪失、スゴスゴと引き上げてった

お婆ちゃんは泣きながら、ありがとう、ありがとうとずっと言っていた

そんなお婆ちゃんは今日もお店でニコニコしている、長生きしてもらいたい

みなぎる運動会 ~生まれたときに肺に水が入っちゃって~
今度の土曜日はお父さんにとっても息子さんにとって初めての運動会。実家に電話をかけまくってお父さんは大ハリキリです。そして...
チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~
表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいよう...
バーバになるママへ ~ワンダフルライフっていう映画知ってますか~
「自分が死んだ時に、天国に持っていける記憶をたった一つ選ぶなら」と母に質問すると「アンタが生まれた瞬間」と即答してくれま...
ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~
お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮...
ロッキーは俺のヒーロー ~ロッキーが来るのはありえないと思ってた~
少年はお母さんの実家の近所の大きな川で遊んでいたのですが、コケに足を滑らせて川に転落。死を覚悟したそのとき現れた救いの主...