押入れの中のアサヒビール ~「 ビールは何を飲むんや?」~

コップのビールと缶ビールの画像(アサヒゴールド 復刻版)

無口でとっても怖い頑固な親父。そんなお父さんが、なぜか毎日孫の世話にやって来るようになりました。その行いの陰にはどんな気持ちが隠されていたのでしょうか?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

私の父は無口で頑固で本当にこわくて、親戚中が一目置いている人でした。

家に行ってもいつもお酒を飲んでいて、その横で母がせわしなく動いていた記憶があります。

私が結婚する事になり、ドキドキしながら主人を連れて行くと、ずっと黙ったままやっと口を開くと

「ビールは何を飲むんや?」

でした。

その日はなんとか無事に終わり、式の当日終始酒をつぎにまわってた。

その後、子供が生まれ少し育児ノイローゼ気味になった私を見て、なぜか毎日孫の世話をしに来るようになった。

当然子供の面倒など見たことないので、する事がめちゃくちゃでイライラしていた私は嫌味ばかり言ってしまった。

2ヵ月後、あまり調子がよくないと言っていた矢先他界した。

なんでもっと優しくしてあげなかったんだろう?

紙オムツの仕方を聞かれて、

「それぐらいわかるでしょ。」

ってなんで冷たく言っちゃったんだろう?

あの日、自分でどうにかしようと思って変な形になったオムツが残されてた・・・。

その後、毎日つけていた日記が見つかり、式の当日

「あのバカ娘がとうとう嫁に行った。最後の挨拶では涙が出た。幸せになれ。」

って書いてた。

おまけに家には主人があの日答えた「アサヒビール」が押入れいっぱい詰められていた。

兄ちゃんはヒーロー ~真っ暗な夜、ずっと歌を歌って励ましてくれた~
借金から逃げるため両親が子供を置き去りにして行方をくらましました。残されたのは幼い兄弟。兄は必死で弟を守ろうとしました。...
二人目のお母さん ~「今日からこの人がお前のお母さんだ」~
ある日、父親が新しいお母さんを連れてきました。その数年後、父親は交通事故で帰らぬ人となりました。残された彼と継母の、その...
メロンカップの盃 ~『あの時はありがとう』と、驚かそうと思って~
ある女性とその親友の思い出話です。お話の主が小学校6年くらいのころ、些細な偶然から自分に関する衝撃的な事実を知ってしまい...
赤と水色のおもちゃの指輪 ~もう私頑張れないかも。もう、駄目~
中々子供に恵まれないその夫婦は、三度目の流産を告げられた後、病院の待合室で悲しみに暮れていました。その時です、「もう死に...
サンタのDS ~私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ~
このお話は東日本大震災発生の数日後に2ちゃんねるに書き込まれたものです。スーパーに並んでいると、壊れたニンテンドーDSを...