月まで届くホームラン ~少年はその選手へファンレターをつづり~

ボールを打とうとしてスイングしている大リーガーの画像

アメリカのとある地方に野球が大好だけれども目が見えない少年がいました。手術を前に少年は一人の大リーグ選手へ気持ちを伝えます。「つよいこころがほしい。ぼくのヒーロー…」と。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

アメリカの、とある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。

少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。少年はその選手へファンレターをつづりました。

「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。

しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、こわくてたまりません。 あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」

少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。 カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。

今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と。

そして、その試合、ヒーローの最後の打席。2ストライク3ボール。テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、少年自身も、テレビの中継を祈る思いで聞いています。

ピッチャーが投げた最後のボールは・・・、大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。 全米から大きな溜め息が漏れようとした、その時、スタジアムの実況が、こう伝えました。

「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」

最強最高の兄ちゃん ~兄が親戚中に土下座し、俺と妹の事よろしく頼むと~
三人兄妹の両親が交通事故で他界。そして兄妹は親類縁者に引き取られバラバラに。一年後に長男からの電話がありました。「兄弟3...
祖父から祖母へのラブレター ~余命があとわずかである ことを知らされていた~
そのお爺ちゃんは、脳梗塞で入退院を繰り返していました。家族は皆、お爺ちゃんの余命があとわずかであると知っていました。やが...
涙のお味噌汁 ~娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた~
クリスマスの数日前、6歳の娘さんが欲しいものをサンタへの手紙に記していました。ご両親は「何が欲しいのかなぁ」と手紙を開け...
短い人情話3編:本当の高級店/100円分の優しさ/ドアの裏の落書き
このページには、短いけれど心温まる人情エピソードを3編ご紹介しています。一編は高級和食店での出来事。もう一編はゲームセン...
ひらがなの手紙 ~当時ひらがなを覚えたての私が読めるように~
お母さんは彼女がまだ幼稚園のときに他界。そして残していく愛娘に一通の短い手紙を残しました。まだ幼い娘に読めるようにと平仮...