ばあちゃんのすごろく ~達筆な字で書かれていた、その下に~

スゴロクで遊ぶ男の子の画像

祖母の住む見知らぬ土地に預けられた少年にはまだ友達がいません。そのせいか、少年は自作のすごろく作りに没頭しました。優しいおばあちゃんは、そのとき何を思っていたでしょう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

オレは小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。

当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。

いつしかオレはノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。

それをばあちゃんに見せては

「ここでモンスターが出るんだよ」

「ここに止まったら三回休み~」

ばあちゃんはニコニコしながら、「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。

それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。

やがてオレにも友達が出き、そんなこともせず友達と遊びまくってたころ

家の事情も解消され、自分の家に戻った。ばあちゃんは別れる時もニコニコしていて、

「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」

と喜んでくれた。

先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大往生だった。

遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。

開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。

モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか

妖怪も混じっていたり。「ばあちゃん、よく作ったな」とちょっと苦笑していた。

最後のあがりのページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に

「義弘(オレ)くんに友達がいっぱいできますように」

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。

ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。そしてありがとう。

埃まみれのパンチパーマ ~使い捨てカメラで撮影してはギャーギャー騒いで~
阪神大震災後、あるファミレスが食事をボランティアで無料提供。目が回りそうな忙しさの中、恐らくは他県から震災見物に来た若者...
笑顔の似合う娘 ~涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けない…~
娘さんが嫁に行きました。「目に入れても痛くない」と断言できるほど愛おしい娘さんでした。お父さんはその時、一体どんな気持ち...
笑う女子高生 ~「てめぇお姉さん(私のこと)に謝ってけよ!」~
都内某所にお花見に行った時のこと。その日はやけに肌寒く、温かい飲み物を求めて最寄のスターバックスは長蛇の列。彼女もそこに...
義父が勇者になった日 ~コタツで肩までもぐってウトウトしてたら~
彼がコタツでウトウトしていると、義父が義母にとんでもないことを言い始めます。どうやら彼が居ることに気付かず二人っきりだと...
ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~
彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなった...