母のワガママ ~「沖縄に行かない?」 いきなり母が電話で…~

沖縄の花・赤紫のブーゲンビレアの画像

就職活動で大変だった大学三年のある日、お母さんから唐突に沖縄旅行に誘われたのですが、「今は大事な時期だから」と断ってしまいます。が、その事を後日に後悔することに…。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「沖縄に行かない?」

いきなり母が電話で聞いてきた。

当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。

「どうしても駄目?」

「今大事な時期だから。就職決まったらね」

「そう・・・」

母は残念そうに電話を切った。急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。

それから半年後に母が死んだ。癌だった。医者からは余命半年と言われてたらしい。

医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。

父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。

沖縄に行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の最初で最後のワガママだった。

叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。

パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。

絵日記には「今日は沖縄に遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。

ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」

・・・というような事が書いてあった。

すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。

自分は大きくなったらお金を貯めて父母を沖縄に連れていってあげる。というようなことをこの旅行の後、言ったと思う。

母はそれをずっと覚えていたのだ。そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。

自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。

もう恩返しする事が出来ない・・・

涙がぶわっと溢れてきて止められなかった

埃まみれのパンチパーマ ~使い捨てカメラで撮影してはギャーギャー騒いで~
阪神大震災後、あるファミレスが食事をボランティアで無料提供。目が回りそうな忙しさの中、恐らくは他県から震災見物に来た若者...
国防の盾 ~敵が攻めて来たら、殺すぐらいなら殺される方がマシだ~
自衛隊反対には、戦時に「殺される覚悟」災害時には「救われない覚悟」が必要です。そうした思想は個人の自由ですが、しかし、そ...
十二歳違いの娘 ~ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな~
当時25歳だった彼の結婚相手には13歳の連れ子がいました。数年が過ぎて娘が17歳になった時、奥さんが突然の交通事故で帰ら...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...
黄ナンバーのモンキー ~明け方、夢を見た。妻の夢だった。~
携帯もパソコンも苦手なそのおじさんは、15の頃からバイク好き。けれど、15年前の夏に奥さんを亡くしてからは子育てのために...