女子高生の怒り ~ここの人らは歩いて来てくれはったんや~

トラックの前に集合する自衛隊員の画像

自衛隊の存在は憲法違反だと叫ぶ人達がいます。が、その一方で自衛隊の存在によって救われた方々も沢山います。救われた側のその少女は、恩義に報いようとしたのでしょうか?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。

その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

 少女「あんたら地元の人間か?」

 団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」

 少女「で、何しにきたんや?」

 団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」

 少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

 団体「・・・・?」

 少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。

    寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて

    夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。

    私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。

    あんたらにわかるか?

    消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。

    でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。

あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。

団体は撤退。

彼女が門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。

切れたソリの紐 ~その朝も子供を乗っけてそりを引っ張っていたら~
子供さんが足を骨折してしまいましたので、雪が積もったある日、幼稚園バスの乗り場までソリにのせて連れて行っていました。する...
おばあちゃんの通帳 ~もう、声だけじゃ私だってわからなくなって~
小さい頃はいつもおばあちゃんと一緒に居たけれど、高校に入ると友達と遊ぶほうが多くなりおばあちゃんとは疎遠に。けれど離れて...
闇の中のポチ ~薬の副作用で絶えず襲われる虚脱感で半日以上眠り続ける生活~
ある日、巨大掲示板「2ちゃんねる」に愛犬を亡くした女性からの書き込みがありました。その愛犬は、免疫系の病気で精神的に参っ...
笑顔の似合う娘 ~涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けない…~
娘さんが嫁に行きました。「目に入れても痛くない」と断言できるほど愛おしい娘さんでした。お父さんはその時、一体どんな気持ち...
とうちゃんの卵焼き ~帰りの車中で「なんか食べに行こうか?」と尋ねると~
息子さんが通う保育園での遠足。しかし奥さんは出産のため入院中。お父さんは悪戦苦闘してお弁当を作ったのですが、あまり出来が...