女子高生の怒り ~ここの人らは歩いて来てくれはったんや~

トラックの前に集合する自衛隊員の画像

自衛隊の存在は憲法違反だと叫ぶ人達がいます。が、その一方で自衛隊の存在によって救われた方々も沢山います。救われた側のその少女は、恩義に報いようとしたのでしょうか?

‐‐‐‐‐‐‐‐‐< 以下、本文です。>‐‐‐‐‐‐‐‐‐

2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。

その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

 少女「あんたら地元の人間か?」

 団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」

 少女「で、何しにきたんや?」

 団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」

 少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」

 団体「・・・・?」

 少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。

    寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて

    夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。

    私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。

    あんたらにわかるか?

    消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。

    でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。

あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。

団体は撤退。

彼女が門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。

親父の飯 ~焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった~
彼が小学校一年の時、お母さんは浮気相手と家出。以来、料理はお父さんの役目となりましたが彼はそれが嫌でたまりません。理由は...
野球ごめんね ~父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた~
彼が幼い頃に父親は他界しました。それ以来、母は女手ひとつで彼を育ててくれました。お金が無いので暮らしは決して楽ではありま...
オレンジ色のチューリップ ~どれにしよっか、お母さん何が好きかなぁ?~
とある花屋さんに小学一年生ぐらいの女の子が花を買いにきました。けれどその日は母の日でもクリスマスでもありません。少女が花...
最後の薬 ~立派な部下を持ったおじいちゃんは幸せな人間だった~
詳細な場所は不明ですが、彼のお爺さんは太平洋戦争の末期に南方にいたそうなのですが、とても衛生状態が悪くマラリアが蔓延。つ...
バラソフトのお兄ちゃん ~うちの娘、聴覚障害者で…~
「バラソフト」を買いに行く小3の女の子が、途中で「ばらソフトクリーム1個下さい」と書いた紙を落としてしまいます。実は女の...