カテゴリー 「 感動する話 – その他の話 」 に属するコンテンツを表示中です

短い人情話3編:本当の高級店/100円分の優しさ/ドアの裏の落書き

火が灯った三つのキャンドル

このページには、短いけれど心温まる人情エピソードを3編ご紹介しています。一編は高級和食店での出来事。もう一編はゲームセンターでの出来事。最後の一編は病院での出来事です。

天国の空 ~「私は昔、ここの空を飛んだことがある」~

飛行機の窓から見た雲海

彼が飛行機でフランクフルト上空にいた時、隣の席に座ったアメリカ人の老人に話かけられました。会話中に急に元気をなくした老人がポツリと言った一言は、とても深く切ないものでした。

ありがとう阪急電車 & 「生」の字のモニュメント(兵庫県宝塚市武庫川)

武庫川の鉄橋を渡る阪急電車の車両

この記事では阪神大震災にまつわるお話を二つ紹介しています。一つは阪急電車の復旧に関するエピソード、もう一つは阪急電車の鉄橋がある武庫川のモニュメントのエピソードです。

残された幼い兄妹 ~「あのね、みーちゃんこれ食べたの」~

幼い兄妹

裏金融に勤めていた彼が借金の取立てに行きました。すると親が消え、幼い兄妹だけが残されていました。「何食ってたんだ?」と聞くと上の子は下をむいて泣き始めてしまったのです。

ちょこんと座った女の子 ~「なんだこれは、夢か?まだ夢か?」~

座っている幼女

彼は20歳の時に結婚。学生結婚です。二年ほどした頃、奥さんの妊娠が発覚、彼はとても喜んで働くために大学を辞めました。しかし、その幸せな時間は突然のように終わりを告げたのです。

常連兄さんの伝言 ~同じ時間帯常連の姉さんに惚れたらしく~

コンビニエンスストアの入り口

彼は数年前にコンビニでアルバイトをしていました。思えば色んなことがあり、中でも印象深いのは常連のヤクザのお兄さんのことなどですが、5年ぶりに寄った勤め先でその後の話を知ります。

ダンボールとカップル ~段ボールが飛び散って迷惑なんですけど~

畳まれて片付けられたダンボール箱

その日は春一番が吹き荒れていました。コンビニに勤める彼がレジをしていると、若いカップルの男性から「駐車場のダンボールが飛び散って迷惑…」との苦情が。渋々片付け始めたところ…。

少年からのカード ~一人、服装が不潔でだらしなく、…~

汚れた服を着た少年の胸元

その先生にはどうしても好きになれない生徒がいました。理由は服装が不潔でだらしがないからです。けれどある時、先生は知るのです。その少年が他の子より重いものを背負っていることを。

55年越しのゴールイン ~マラソンの発展のために50年間尽くしてきた~

金栗 四三(かなぐり しそう)の写真と人物についての簡単な説明

日本の「マラソンの父」と呼ばれる金栗四三(かなぐり しそう)さん。1912年(明治45年)にストックホルムオリンピックに出場するも、トラブルで行方不明扱いに。そしてその後…。

お父さんとお母さんと夏 ~蚊取り線香の先っちょが赤く光ってる~

テーブルの上の団扇

昔の夏は暑かったのです。クーラーもそんなに普及していませんでした。でも、そのぶん夏が「夏らしかった」ような気がします。思い起こせばスイカに蚊帳に水遊び、ラムネ、夕立、夏の夜…。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する