カテゴリー 「 感動する話 – 立派な人 」 に属するコンテンツを表示中です

命賭けのアナウンス ~「津波が襲来しています! 高台へ避難して…」~

車内から撮影された震災後の南三陸町防災対策庁舎

東日本大震災発生の際、命を賭けて避難を呼びかけた危機管理課の職員の方々がおられました。震災後に判明したその尊い行いと、実際のアナウンスの様子が収録された動画をご覧ください。

天国から届いたランドセル ~送り返すにはあまりにも残酷だよね~

赤いランドセルの女の子画像

幼いときに父親を亡くしたその少女は赤いランドセルが欲しかったのです。けれどお家は母子家庭のため貧しく、ランドセルを買う余裕はありませんでした。そこで少女は一計を案じます。

ディズニーランドの星 ~「あの‥‥落とし物をしてしまって」~

東京ディズニランドの画像

ある日、ディズニーランドのインフォメーションに、ディズニーキャラのサイン帳を落とした男性がやってきました。対応したキャストは精一杯の対応をしました。そしてその後日…

月まで届くホームラン ~少年はその選手へファンレターをつづり~

ボールを打とうとしてスイングしている大リーガーの画像

アメリカのとある地方に野球が大好だけれども目が見えない少年がいました。手術を前に少年は一人の大リーグ選手へ気持ちを伝えます。「つよいこころがほしい。ぼくのヒーロー…」と。

迷彩服のヒーロー ~息子が助手席の足元に挟まれてます!助けて~

戦隊モノのヒーローと少年の画像

お父さんが息子を乗せて車を運転中、後方から大型トラックが追突。二人とも体を挟まれて動けない状態となりお父さんは半狂乱。その時ドアをこじ開けて現れたのは迷彩服の自衛隊員でした。

女子高生の怒り ~ここの人らは歩いて来てくれはったんや~

トラックの前に集合する自衛隊員の画像

自衛隊の存在は憲法違反だと叫ぶ人達がいます。が、その一方で自衛隊の存在によって救われた方々も沢山います。救われた側のその少女は、恩義に報いようとしたのでしょうか?

2回のベイル・アウト(緊急脱出) ~もう一回、同じ言葉を叫んでいた~

飛行機墜落現場の画像

1999年。航空自衛隊入間基地所属のT33型ジェット練習機が入間川河川敷に墜落しました。マスコミが「税金の無駄使い」と報じたその事故には、高潔な男の魂が隠れていました。

チーズケーキの値段 ~あのう、チーズケーキはひとつ何円でしょうか~

ケーキ屋のショーケースの画像

表のガラスドアを開けて入ってきたのは、五、六歳ぐらいの女の子でした。必死の面持ちの彼女はどうやらチーズケーキが欲しいようで、ガマ口の中のお金を数え始めるのですが…。

国防の盾 ~敵が攻めて来たら、殺すぐらいなら殺される方がマシだ~

金色の丸い盾の画像

自衛隊反対には、戦時に「殺される覚悟」災害時には「救われない覚悟」が必要です。そうした思想は個人の自由ですが、しかし、それを他人に押し付けるのは果たして正しいのでしょうか?

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する