カテゴリー 「 感動する話 – 立派な人 」 に属するコンテンツを表示中です

サンタのDS ~私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ~

壊れているニンテンドーDS

このお話は東日本大震災発生の数日後に2ちゃんねるに書き込まれたものです。スーパーに並んでいると、壊れたニンテンドーDSをもって泣きべそをかいている少年がいました。そこへ…

兄ちゃんはヒーロー ~真っ暗な夜、ずっと歌を歌って励ましてくれた~

後ろから弟を抱く少年

借金から逃げるため両親が子供を置き去りにして行方をくらましました。残されたのは幼い兄弟。兄は必死で弟を守ろうとしました。弟にとって兄は神様でありヒーローだったのです。

お母さんはお婆ちゃん ~前方から聞こえてきた漫画みたいな会話~

お婆ちゃんの笑顔

保健センターに通っているお母さんが、男の子二人を連れたお婆さんから里親会の会場の場所をを尋ねられ、その後、お母さんはお婆ちゃんが連れていた男の子二人の会話を耳にするのですが…。

育ての兄 ~「お前、ウチに住め。中学もこっちに通え」~

居酒屋で飲む二人の男性

彼が中学生の時に交通事故でご両親が他界。頼る者もなくパニック状態の彼を救ったのは、ほとんど顔を合わせないお兄さんでした。血の繋がりすらもない戸籍上だけのお兄さんが彼を救ったのです。

満席のバスと赤ん坊 ~私はどうしていいかわからず、多分皆も…~

バスを運転する運転手さん

ある男性が病院の帰り、いつものようにバスに乗りました。しばらくして満席となったバスの車内で、突然赤ちゃんが泣き出します。が、泣く子には勝てませんのでお母さんはいたたまれず…

十二歳違いの娘 ~ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな~

バージンロードを歩く父と娘

当時25歳だった彼の結婚相手には13歳の連れ子がいました。数年が過ぎて娘が17歳になった時、奥さんが突然の交通事故で帰らぬ人に。そして12歳違いの親子二人の生活が始まったのです。

血だらけのその手 ~ごめんね。帰省させなきゃ良かったね。~

震災により被害を受けたビル

彼女は普段、あまり喜怒哀楽を表さない姑と「が通じ合っていない」と感じていました。けれど、突然に未曾有の大災害が襲ってきたその日、彼女は姑の真の心根を目の当たりにするのです。

結婚記念日の残業 ~「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」~

サラリーマン

入社4年目で初めての結婚記念日に、運悪く社内でトラブルが発生。「下手したら全員が会社に泊まり込みに…」という状況の中で「結婚記念日なので」などとはとても言えなかったのですが…。

駄菓子屋のナイト達 ~お婆ちゃんが893に罵声を浴びせられてた~

駄菓子屋の店先

近所にある古い駄菓子屋のおばあちゃんは、お金が無い子にコッソリお菓子をあげるようなとても優しいおばあちゃんでした。ある日、そのお婆ちゃんに困った事件が起きたのですが…

継母がくれたもの ~あの子なら、命かけてでも守れる自信がある~

川遊びをする少女の画像

小学2年の頃、父の後妻となった継母。継母との関係は嫌いではないけれどなんだかギクシャク。でも、その継母がくれたものはあまりに大きく返しきれないものでした。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する