カテゴリー 「 感動する話 – 家族の愛 」 に属するコンテンツを表示中です

黄ナンバーのモンキー ~明け方、夢を見た。妻の夢だった。~

黄色ナンバー(原付2種)の「ホンダ モンキー」

携帯もパソコンも苦手なそのおじさんは、15の頃からバイク好き。けれど、15年前の夏に奥さんを亡くしてからは子育てのためにバイクを降りました。ようやく子供も自立したある日のこと…。

家内を亡くしました ~いつものように今朝も笑顔で送ってくれたのに~

事故で中央分離帯に乗り上げたタクシー

妊娠中の奥さんは、タクシーに乗っている時に交通事故で亡くなりました。居眠り運転のトラックが原因でしたが運転手には同情すべき理由もあり、やり場のない悲しみだけが残りました。

迷惑かけてゴメンね ~一年前の今頃、妹が突然電話をかけてきた~

妹を気遣う幼い兄

普段あまり交流のない妹から突然の電話。病院で検査をしたら家族を呼べと言われたらしいのです。妹さんは両親に心配をかけたくなかったらしく「内緒に」と頼まれたのですが…。

子供の日の出来事 ~「ロクな大人の ロク って何さ?」~

こいのぼりの人形

子供の日に親戚一同が顔を揃えました。その席で、いつものように「二人目の子供を」という要求(説教)が始まりました。困った顔をして話を聞くご夫婦の脇から小5の息子が口を挟みます。

母の炊き込みご飯 ~「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」~

お箸を添えられた炊き込みご飯

小学校の頃に大好きだったお母さんの炊き込みご飯。誕生日や記念日には必ず出てきていた炊き込みご飯。大人になって、実家に帰ると待っている炊き込みご飯。お母さんの味でした。

空っぽのプレゼント ~娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました~

クリスマスツリーの下に置かれたプレゼントのイラスト

クリスマスが近づいた頃、三歳になる娘がクリスマスプレゼントを包むための大切な包装紙を何枚も無駄にしました。彼は厳しく叱ったのですが、実は娘の行為には深い理由があったのです。

ママを連れていかないで ~ママ!ママ!と泣き叫びながら棺を開けようと~

涙を流す赤ちゃん

彼女の友人は、1歳半の時にお母さんを癌で亡くしました。その時の顛末を彼女は友人のお婆ちゃんに聞いたのですが、冷たくなったお母さんと幼い頃の友人の様子はとても切ないものでした。

小さなママ ~娘が私の変わりにこの家を守ろうとしている~

幼い弟の手を引く姉

奥さんが他界して1年。幼い姉弟を抱える彼の家庭はまだそのショックから立ち直ってはいませんでした。そんな矢先、息子の幼稚園で運動会がありました。父はそのとき娘の思いに涙するのです。

思い出のGBソフト ~その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た~

任天堂ゲームボーイ本体とゲームソフト

お母さんは女手ひとつで彼と妹を育ててくれました。貧乏のの中、働くだけ働いて、そして亡くなりました。残ったものは思い出のGBソフトと枕元の手紙、そして返しきれない感謝の気持ち。

兄ちゃんはヒーロー ~真っ暗な夜、ずっと歌を歌って励ましてくれた~

後ろから弟を抱く少年

借金から逃げるため両親が子供を置き去りにして行方をくらましました。残されたのは幼い兄弟。兄は必死で弟を守ろうとしました。弟にとって兄は神様でありヒーローだったのです。

お金がいらない募金方法

クリックで救える命がある。

スポンサードリンク

心堂を購読する